TopPage>自動車に必要な維持費>自動車税の納付方法

自動車税の納付方法

毎年5月頃に送られてくる自動車税納税通知書

自動車税の納付方法は、次の7つの方法があります。

金融機関(銀行・信用金庫・信用組合)の窓口での納付
自動車税納税通知書の裏面に記載されている金融機関の窓口で、自動車税を納付することが出来ます。
コンビニエンスストアでの納付
自動車税納税通知書の裏面に記載されているコンビニエンスストアのレジにて自動車税を納付することができます。
但し、5月31日の納付期限を過ぎた場合には、コンビニエンスストアのレジでは自動車税を納付することが出来ません。
都道府県の税事務所での納付
自動車の登録している陸運支局のある都道府県の税事務所(都税事務所や県税事務所など)の窓口にて、自動車税を納付することができます。
都道府県の税事務所の窓口の場合には、郵送されてきた自動車税納税通知書を紛失した場合でも自動車税を納付することができます。
金融機関の口座振替による納付
個人の場合ではあまり利用されている人も少ないかもしれませんが、事前に金融機関の口座振替の手続きをしておくことで、自動車税を口座振替にて納付することができます。
クレジットカード支払いによる納付
平成27年度から、クレジットカードによる自動車税の納付が出来るようになりました。
クレジットカードによる自動車税の納付は、都道府県で指定されたインターネットのWebサイトで行います。
Pay-easy(ペイジー)による納付
Pay-easy(ペイジー)を利用することで、金融機関の窓口営業時間外でも金融機関のATM機やインターネットのWebサイトから自動車税を納付することが出来ます。
現金書留による納付
この方法も一般的には知られていませんが、現金書留でも自動車税の納付を行うことが出来ます。現金書留で自動車税を納付しようとする場合には、事前に納付先の都道府県の税事務所に連絡してから行います。



copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。