車検費用を安くする方法へようこそ

車検は、車を乗り続けるために、2年に1回(新車購入後は3年後に)必ず受なければならない道路車両運送法で定められた検査です。

初めて車をお持ちになった人など、どこに車検を依頼していいのか分からない?、車検にいくら金額が掛かるのか不安と思われている人もいると思います。

また、何回も車検を通しているけど、いまだに車検費用ってよく分からないと思われている人もいらっしゃると思います。

車検費用を安くする方法では、それぞれの人や車にあった割安な車検のご紹介や、車検費用を安くする方法をご紹介しています。あなたと愛車にあった割安な車検選びにお役に立てるとうれしいです。

happy-shaken

車検費用を安くしたいなら、早期複数見積の比較がポイント

車検費用は、依頼する車検業者や整備内容によっては、数万円から10万円程の金額の差があります。

車検費用を安するには早期の複数車検業者からの見積を比較することが重要なんです。

出来たら車検満了日の3か月前の早期に、最低3業者の車検の見積を取りましょう。


なぜ、3か月前の早期の見積が車検費用を安くするのか

車検の継続検査は、車検期間満了の1か月前から受けることができます。

それなのに、3か月前の見積が車検費用を安くするポイントなのかというと、車検業者によっては、早期車検予約の割引があるからです。

早期見積が車検費用を安くする理由は、こちらのページをご覧ください。

なぜ、複数見積の検討が車検費用を安くするのか

車検費用の金額を大きく左右するのは、車の点検整備費用です。

点検整備費用は、車検業者によって、基本料金や交換部品もまちまちなので、複数の車検業者から見積の比較が重要なポイントになるのです。

車の点検整備費用の比較方法については、こちらのページをご覧ください。


車検の早期複数見積をするなら一括見積サイトが便利

車検の複数見積を取るのに便利なのが、車検の一括見積サイトです。

車検の見積は車検業者に実車を持ち込み見積をしてもらう必要があります。そのため、複数の車検見積を効率的に取るには、まずは、見積を取る車検業者の見積予約を取る必要があります。

車検の一括見積サイトなら、車検の複数見積予約はもちろんですが、車検の見積予約前に、車検の基本点検料金も比較することが出来ますし、自宅の近くにどんな車検業者があるかも一括で検索することができます。


EPARK車検

EPARK車検は、全国の車検業者から車検費用の見積を一括で取ることができます。

法定費用もクレジットカードで支払いの出来る車検業者からも見積もりをとることができます。

EPARK車検公式サイト

カーセンサーの車検費用一括見積もり

お近くの車検専業店や民間車検工場、ガソリンスタンド車検まで、車検費用の見積ができます。

車検費用と点検整備内容や特典サービス、割引などを一括で比較し、検討することができます。

カーセンサーの車検費用一括見積もり


ホリデー車検

ホリデー車検は、女性限定キャンペーンや地域限定キャンペーン等、お得なキャンペーンがあるのが魅力です。

最短30分のスピード車検の検索も出来るのも魅力です。

ホリデー車検

楽天車検

楽天車検は、ネットでディーラー車検とかわらないクォリティの車検業者に一括で見積依頼することができます。

楽天車検に加盟している車検業者の多くがクレジット払いに対応しています。

楽天車検公式サイト




車検費用を安くする方法メニュー




車検費用を安くする方法の新着更新情報

車検業者に車検を依頼する時に認め印の押印を求められる場合がある

車検を依頼した車検業者によっては、車検に必要な物に認め印をあげている車検整備業者があります。 そのような車検業者の場合、「車検を受けるための申請書に認め印の押印が必要になるので、車を車検に出す時に、認…続きを読む

整備工場からタイヤにヒビがあるので車検に通らないと言われた

整備工場に車検を依頼したら、タイヤにヒビがあるので車検に通らないので、タイヤの交換が必要と言われることを経験した人もいらっしゃると思います。 車や車検の保安基準に詳しくない人の場合、「ヒビのはいったタ…続きを読む

タイヤのヒビの車検基準(保安基準)について

ここでは、タイヤに発生したヒビの車検基準(保安基準)についてご紹介しています。 タイヤは、ゴム製品のため、紫外線や走行による摩擦や摩耗により、使用年数が経ってくると表面にひびが発生することがあります。…続きを読む

サイドブレーキ(パーキングブレーキ)のひきづり

パーキングブレーキ(サイドブレーキ)の引きづりと現象を知っていますか? パーキングブレーキの引きずりとは、パーキングブレーキを解除しているにも関わらず、パーキングブレーキのブレーキシューが離れなく、ブ…続きを読む

タイヤの残り溝不足を示すスリップサインについて

車検の検査項目の1つにタイヤの残り溝の確認があります。 タイヤが路面に設置する面(トレッド面)にあるタイヤの溝の深さが1.6mm以下になると車検には合格しません。 外観検査で、スリップサインがチェック…続きを読む

AT(オートマチック)車のP(パーキング)レンジ

ここでは、AT(オートマチック)車のP(パーキング)レンジについて、ご説明しています。 最近の車は、もうほとんどがAT(オートマチック)車と言っていいくらいの状況にあります。 車検費用を安くする方法を…続きを読む


次ページへ »

copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。