車検代行を利用するメリットとデメリット

  • はてなブックマークに登録

車検代行は、車の使用者に代わって(代行して)、陸運支局の自動車検査登録事務所の継続検査を受ける業者です。

街中の広告や看板で、非常に格安の車検をPRしている業者の多くが、この車検代行業ですね。

代行という言葉から、なにか問題のあるような感じを受けますが、車検の代行業自体は、違法ではありません。車検代行のメリットとデメリットを正しく理解して上手に利用することで、車検費用を安くすることもできます。


車検代行のメリット

車検費用を安く抑えることが出来る
カーディーラーや整備工場へ車検を依頼する費用に比べて、点検整備が無いので、車検費用を安く抑えることができます。

但し、点検整備は別途、ユーザーが行う必要があります。

ユーザー車検より手間を省くことが出来る
ユーザー車検の場合、陸運支局の自動車検査登録事務所の検査場に平日に車検(継続検査)を受けなければなりません。車検代行を利用することで、会社を休むことなく車検を受けることが出来ます。
車検代行業は、車検(継続検査)の書類の作成にも慣れているので、ユーザー車検に比べて、必要書類を作成する手間を省くことができます。

車検代行のデメリット

車検代行は、車検費用の安さが最大の魅力ではありますが、実際に利用する上では、次のデメリットをちゃんと理解する必要があります。

法定点検整備は実施されない
車検に必要な法定点検整備は、国の認証を受けた認証整備工場や指定整備工場でないと行うことは出来ません。法定点検整備は、車の使用者であるユーザーが別途行う必要があります。
法定点検整備は、車の使用者(ユーザー)が自ら行うことは出来ますが、事業として費用を取って行うには、国の認証が必要になります。
法定点検整備を行う必要がある
法定点検整備は、車検の前後のいずれかで行うことが法律で定められています。そのため、車検代行に車検を頼む際には、車の使用者(ユーザー)が、別途、法定点検整備を行う必要があります。
車の引き取り・納車は行われない
車検代行業の多くは、車検代行費用を格安にするために、車の引き取りや納車は行いません。車の使用者(ユーザー)が車検代行業へ持ち込む必要があります。


copyright©2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。