TopPage>車検の基礎知識>車検を受けることの出来る期間

車検を受けることの出来る期間

車検には、実は、次の二つの種類があります。

新規登録(車検)
新車を購入した時にナンバーを取るための車検です。
中古車で車検の抹消登録をしていた車を再登録する場合も、新規登録車検となります。
継続審査(車検)
一般的に車検と言われているのが、この継続審査車検となります。

このページでは、この継続審査(車検)の車検を受けることの出来る期間を中心にご説明します。

公道を走行するには、車検証の有効期間内である必要があります。

車検証の有効期間を過ぎて、自動車を公道で走行すると道路運送車両法第66条違反または、道路交通法第63条違反となり、罰金刑の対象となります。

そのため、その自動車を車検の有効期間を過ぎて使用するには、車検(継続審査)を受けて、新しい有効期間の車検証を受けとる必要があります。


車検(継続審査)を受けることが出来る期間は、車検有効期限の一か月前から(

車検(継続審査)は、一般的に、車検証の有効期間満了の1か月前から受けることが出来ます。

例えば、車検証の有効期間の満了日が4月20日の場合、3月21日から受けることが出来ます。

車検切れを起こさないようにするには、車検証の有効期間の満了日の1か月前から満了日の間に車検(継続審査)を受ける必要があります。

この期間に車検を受け、継続審査に合格した場合には、現在、有効な車検証の車検有効期間の満了日の翌日から新しい車検証の有効期間が始まります。


実は、車検(継続審査)はいつでも受けることが出来る

先ほど、車検を受けることが出来る期間は、車検有効期限の一か月前からと説明しましたが、実は、継続審査車検は、いつでも受けることが出来ます。

例えば、先ほどの車検証の有効期間の満了日が、4月20日の場合、2月1日でも車検を受けることが出来ます。しかし、車検有効期間の1か月前に車検を受けてしまうと、車検を受けた2月1日から新しい車検証の有効期間が始まるので、現在、有効な車検証の残りの期間が無駄になってしまいます。

そのため、一般的に、車検は、車検有効期限の1か月からと言われているのです。





copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。