TopPage>車検の基礎知識>車検費用にある下回り高圧スチーム洗浄費用について

車検費用にある下回り高圧スチーム洗浄費用について

車検費用の見積の内訳の中に、下回り高圧スチーム洗浄費用というの項目で、1千円から5千円程度の金額が見積もられている場合があります。

この下回り高圧スチーム洗浄費用は、車検をカーディーラーや整備工場に依頼すると多くのところで、見積金額に加算されていますね。

車検業者によっては、基本車検点検料金に含まれているので、見積書に加算しないところもあります。


車検費用に、なぜ下廻りの高圧スチーム洗浄が見積もられるのか?

車検整備業者の見積金額に下廻り高圧スチーム洗浄が含まれてくる理由は、次の2点からです。

車体の下回りの泥やオイルの汚れの除去
陸運支局の自動車検査登録事務所の検査場での車検の検査項目に、車体の下回りの検査があります。この時に、車体の汚れがひどいと検査不能として、不合格になる場合があります。そのために、車体下廻りの洗浄として、高圧スチーム洗浄が見積もられます。
法定点検整備のために、泥やオイルがついていると不良個所の発見や整備がしづらいため
車体下廻りの凍結防止剤の除去・洗い流し
積雪のある地域では、道路に凍結防止剤として塩の加工物がまかれることがあります。そのような道路を走行すると、タイヤから凍結防止剤が車体下廻りに付着します。凍結防止剤は、塩の化合物のため、金属部分のさびや腐食の原因になることから、下廻り高圧スチーム洗浄が行われます。

高圧スチーム洗浄とは

高圧スチーム洗浄とは、コイン洗車場にあるスチーム洗浄機による温水コースによる車体の下廻り(下側)を洗浄する作業のことです。

あまり車検の知識がない車の使用者(ユーザー)には、何か特殊な洗い方をすると思われる人もいるとはおもいますが、特殊な洗浄方法ではありません。まあ、業者によっては、高圧スチームの温度や圧力が、コイン洗車場のスチーム洗浄機にくらべ、いろいろな調整ができる場合もありますが、ほぼ、コイン洗車場にあるスチーム洗浄機によると同じです。


車検に下廻り高圧スチーム洗浄は必須ではない

車体の下廻りの高圧スチーム洗浄は、車検には必須ではないのです。

そのため、人によっては、車体下廻りの高圧スチーム洗浄は車検業者の水増し見積だという指摘もあります。

確かに、陸運支局の自動車検査登録事務所の検査場で下廻り検査が検査不能という判断が下されるような激しい泥が固着している車両などはあまりないので、水増し見積と言われることも一理あります。

しかし、点検整備する場合に、車体をリフトして、車体の下からいろいろな箇所を点検整備しますので、その時に泥などが付着していると正しく点検整備することが出来ないので、ほとんどの車検業者は、車両の点検整備の前に、車体の下廻りの高圧スチーム洗浄は、上記の2つの理由から行っています。そのため、していない作業を水増ししているということは、ほとんどないでしょう。


高圧スチーム洗浄が2000円以上の高額の場合には注意が必要

下廻りの高圧スチーム洗浄は、車検で絶対に行わなければならい事ではありませんが、上記の理由から、点検整備する上ではある意味必要な項目になりますが、つぎの点には注意が必要です。

あまり車検の知識がない車の使用者(ユーザー)には、高圧スチーム洗浄という言葉から、何か特殊な洗い方が車検整備には必要なんだなと思われる人もいるので、最近では少なくなりましたが、一部の車検業者の中には、この高圧スチーム洗浄の金額を水増しして、高額の金額で見積をする業者もいるようです。

コイン洗車場のスチーム洗浄機の温水コースの場合で、3分で500円から700円程度ですので、車体の下廻りの高圧スチーム洗浄の見積金額は、細かい部分への洗浄も行うと3分以上かかる場合もありますので、1500円くらいまでが妥当な金額だと思います。

車検の見積書を見た時に、高圧スチーム洗浄の項目があり、2000円以上の高額な金額で見積をしている業者は避けたほうがいいでしょう。




copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。