TopPage>車検の基礎知識>車検証(自動車検査証)の所有者欄と使用者欄について

車検証(自動車検査証)の所有者欄と使用者欄について

車検証(自動車検査証)には、「所有者の氏名又は名称」と「使用者の氏名又は名称」の項目欄があります。


所有者欄について
所有者の氏名又は名称
所有者の住所
使用者欄について
使用者の氏名又は名称
使用者の住所

車検証は、あまり普段は見ることが少ないので、車検を出す時に車検証を見て、自分の名前が「使用者の氏名又は名称」に記載されていないとか、「所有者の氏名又は名称」が自分になっていないという事に気づく人もいると思います。ここでは、車検証の所有者欄と使用者欄について、ご説明しています。


所有者欄について

意味は、その名称の通り、この車の所有者の氏名(または法人名)と住所が記載されています。

ほとんどの人が、この所有者欄に、ご自分の氏名と住所が記載されていると思います。

尚、車の購入時に、ディーラーローンや中古車販売会社の提携する自動車ローンを利用して車を購入した場合などは、この所有者欄に、自動車メーカー系のクレジット会社や信販会社の名前と住所が記載されることがあります。この場合は、車の購入代金をクレジット会社や信販会社が建て替えて、その分割代金を車の購入者が払うという形態となり、分割代金の完済までは、車の所有権は、クレジット会社や信販会社となるためです。

所有者欄の記載が、本人でない場合に出来ないこと

車検証の所有者欄に記載されている人が、その車の所有権を有していますので、使用者のあなたが、独断で車の廃車手続きや、第三者に車を売却することはできません。

車の購入代金を完済していないのですから、車の廃車手続きや売却が出来ないのは当たり前と言っては当たり前ですね。実際に、車の廃車手続きである抹消手続きや、車の名義変更の際には、所有者名の印鑑証明書と委任状が必要となりますので、手続き上もそれらを行うことは出来ません。


使用者欄について

所有者欄にご自分の氏名と住所が記載されている場合には、この使用者欄には、***の記載がされていると思います。

所有者欄の欄にクレジット会社や信販会社名が記載されている場合には、この使用者欄に車の購入したあなたの氏名と住所が記載されます。このような人の場合も、車の分割代金を完済して所有者欄を変更することで、使用者欄を***の記載になります。


copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。