TopPage>車検の基礎知識>発炎筒はつぎの車検の有効期限までの使用期限でないと車検に通らない?

発炎筒はつぎの車検の有効期限までの使用期限でないと車検に通らない?

発炎筒の使用期限について、「発炎筒の使用期限はつぎの車検の有効期限までカバーしていないと車検に通らないのですか?」という質問を聞くことがあります。

なんとなく、正しいような気もしますが、正しくは、間違いです。

車検は、検査時点での車両が保安基準に適合しているかを検査して、合否を判断する制度です。

時々、間違って認識している人もいますが、車検は、車検の有効期限までの保安基準や、車が故障しない事を保証する制度ではありません。


発炎筒の使用期限は、車検の検査時点で使用期限が切れていなければ、問題ありません

発炎筒の使用期限についても、車検の検査時点で、使用期限が切れていれば、車検に不合格で通りませんが、使用期限が次の車検の有効期限をカバーしていないからといって車検に不合格にはなりません。

陸運支局の自動車検査登録所の検査場での検査でも、発炎筒の使用期限が次の車検満了日未満でも通ります。


なぜ、発炎筒はつぎの車検の有効期限までの使用期限であるといわれることがあるのか?

でも、実際に、車検業者に車検を依頼したら、「発炎筒の使用期限が、次の車検の有効期限までもたないので発炎筒の交換が必要です。」と言われることがあります。

「まだ、発炎筒の使用期限は、1年以上あるのに、次の車検までの期間が必要なんですか?」と質問すると、車検業者によっては、「はい。法律で決まっています。」なんて平気で答える車検業者もありますが、これは、間違いです。道路運送車両法や、車検の保安基準の細目を定める告示にも、発炎筒の使用期限が次の車検の有効期間をカバーしていなければならないなんてことは書かれていません。

このようなでたらめを言う車検業者には、車検の依頼者が知識のないことをいいことに、車検料金を少しでも多くしようとしているのです。このような車検業者には、車検を依頼するのは避けた方がいいでしょう。


発炎筒の交換が見積書に含まれている車検業者の全てが悪徳な車検業者ではない

発炎筒の使用期限がまだ少し残っているのに、車検の見積書の中に発炎筒の交換料金を含まれていると、その全ての車検業者が上記のような悪徳車検業者であると思われるかもしれませんが、決して、そうではありません。

ちゃんとした車検業者でも、次の理由で、車検の見積書の中に発炎筒の交換を入れている場合があります。


車検の依頼者の安全な車の使用環境を整えるため
発炎筒は、事故などの緊急時に後続車へ緊急事態を知らせる重要な信号機器になります。しかし、車の使用者はあまり発炎筒の使用期限を意識や確認することが少ないので、万一の時に機能しない可能性があることを排除して提案する業者もいます。
このような車検業者には、なんで発炎筒の交換が見積書に入っているのか質問すると、次のような回答がすると思います。発炎筒の使用期限がまだ少し残っているので、今すぐに交換しなくても車検は通ります。ただし、発炎筒の使用期限が切れた時に、依頼者であるあなたが発炎筒を交換する必要があります。できれば、この車検の時に発炎筒の交換をお勧めします。」


copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。