TopPage>車検の基礎知識>自賠責保険に加入する時の注意点

自賠責保険に加入する時の注意点

車検の際に必要となる自賠責保険ですが、加入する際に注意する点がいくつかあります。

ユーザー車検と代行車検以外であれば、自賠責保険の加入時の注意事項は、車検の依頼先が行うので、車の使用者としては、あまり注意する必要もありませんが、ユーザー車検と代行車検で、自分で自賠責保険に加入する場合には、次の点については、必ず確認をしましょう。


保険期間が次回の車検有効期間満了日以降となっていること
予約した継続検査日から自家用車の場合、2年後の車検期間満了日以降の保険期間になるように注意しましょう。
車検有効期間を過ぎて、仮ナンバー等を利用して車検を受ける場合には、仮ナンバー申請前に自賠責保険に加入する必要があります。仮ナンバー申請日の当日に車検の継続検査を受けられない場合には、24か月間ではなく、25か月間の保険期間に加入する必要がありますので注意しましょう。
自動車登録番号・車両番号(車台番号)があっていること
保険料収納済印の有無
保険料収納済印欄に加入した保険会社の丸い収納済印があることを確認しましょう。
保険契約者の住所及び氏名についても、車の使用者の氏名・住所になっていることを確認します。
保険契約者の住所・氏名については、万一、誤字等があっても、自賠責保険は適用されます。これは、自賠責保険は被害者への補償を目的としして法律で定められている保険のため、その車両の運転者であれば、保険金の請求対象となります。

copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。