クレジットカード支払いの出来る車検業者を選ぶ

  • はてなブックマークに登録

車検費用を安くする方法となると、ユーザー車検や、格安車検業者などに目が行きがちですが、車検費用の支払い方法でも、車検費用を安くすることができますよ。

車検の費用は、法定費用だけでも、5万から6万円程度は必要になります。車検業者に車検を依頼すると当然、点検整備費用が法定費用のほかに掛かりますので、8万円から10数万円になります。


車検費用は、クレジットカード支払いをしてポイントをゲットしましょう。

車検費用というと現金払いというイメージをお持ちの人もいると思いますが、クレジットカードでも支払うことができます。

クレジットカードで車検費用を支払うと、一般的な支払い金額100円に付き、1ポイントが付与される場合でも、800円から千数百円相当のポイントが付く計算になりますよ。


クレジットカード対応車検業者を選ぶ必要がある

車検費用のクレジットカード支払いは、全ての車検業者で出来るわけではありません。当然、車検を依頼する業者がクレジットカード支払い対応している必要があります。

また、クレジットカード支払いに対応している車検業者でも、法定費用は現金支払いとなる業者と法定費用も含めた車検費用総額でクレジットカード支払いが出来る業者に分かれます。

当然、法定費用も含めた車検費用総額でクレジットカード支払いをした方が、ポイントが溜まりますから、法定費用も含めたクレジットカード対応の車検業者を選ぶといいですよね。


法定費用も含めた車検総額をクレジットカード支払いできる車検業者の選び方

車検業者1社ごとに電話して法定費用も含めたクレジットカード支払いが出来るかを確認するのは、非常に手間ですので、法定費用も含めたクレジットカード支払い対応の車検業者を効率よく探す方法は、車検の一括見積サイトを上手に活用することです。


ホリデー車検
での車検の一括見積サイトの場合

ホリデー車検
の場合には、法定費用も含めたクレジットカードの検索条件項目があるので、とても簡単に検索することができます。


1.店舗を探す画面で、検索する地域(都道府県)を選択し、検索条件のクレジットカード欄にチェックをして検索ボタンを押せば、選択した地域で法定費用も含めてクレジットカード支払いに対応している車検業者が表示されます。


カーセンサーの車検一括見積サイトの場合

カーセンサーの車検一括見積サイトの場合には、検索するのにちょっとだけ手間なのですが、かくれた法定費用も対応してくれる車検業者を見つけることも出来るのが特徴です。


1.カーセンサーの車検一括見積サイトの初期画面で、検索する地域の郵便番号を入力して、検索ボタンを押します。

2.指定した地域の車検業者が検索表示されます。

3.検索結果の画面の上部にある絞り込み条件欄にあるクレジットカード可の欄にチェックを入れて、再検索ボタンを押す。

4.再検索されて表示された車検業者の問い合わせボタンを利用して、法定費用も含めたクレジットカード支払可能かメール希望と入力して問い合わせをします。

5.車検業者から法定費用も含めたクレジットカード支払いの可否の連絡を待ちます。


楽天車検の場合

楽天車検の場合は、クレジットカード対応専用の検索画面が用意されているのでちょっとだけ便利です。


1.楽天車検のクレジットカード対応検索画面で、お住まいの郵便番号か車検を出す地域の郵便番号を入力して検索ボタンを押すと、クレジットカード対応の車検業者が表示されます。

2.検索されて表示された車検業者の中から、法定費用を含めたクレジットカード対応を確認したい車検業者の見積予約のボタンを利用して、法定費用も含めたクレジットカード支払可能かメール希望と明記して見積予約の依頼を行います。

3.車検業者から法定費用も含めたクレジットカード支払いの可否の連絡を待ちます。



copyright©2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。