車検証は、必ず車載しましょう

車検証は、道路運送車両法で定められた書類で、記載されている自動車が、道路運送車両法の保安基準に適合していることを証明する書類となります。

車検証は、その自動車で公道を走行する際には、必ず車載することが義務付けられています。


車検証は、車載が義務の書類です

車検証は、道路運送車両法によって、公道を走行する際には、常にその自動車に備えてつけておかなければならないと規定されています。

道路運送車両法第66条
自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。


車検証を不車載の場合罪になる

車検証の不車載は、免許の不携帯と同じようなうっかりミスのような感じがしますが、免許の不携帯とは比べ物にならないくらい、大変重い罪となりますので注意が必要です。

車検証の不車載
車検証を車に備え付けずに公道を走行した場合、道路運送車両法違反となり、50万円以下の罰金刑となります。
交通反則金制度ではなく、窃盗罪や傷害罪と同じ様に、状況によっては、逮捕され、裁判を受けることになります。
免許の不携帯
免許の不携帯も、道路交通法違反となりますが、交通反則金通告制度の対象となり、一般の刑事罰の対象とは、区別され、反則金を支払うことで、一般の刑事罰の裁判を受けなくてもすみます。
免許の不携帯は、交通反則金通告制度での反則金は、3000円となります。この反則金を期日までに支払わない場合には、一般の刑事罰の裁判を受けることになり、判決により、罰金2万円を課せられることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。