TopPage>ユーザー車検>ユーザー車検でも24か月法定点検は必ず必要です

ユーザー車検でも24か月法定点検は必ず必要です

ユーザー車検で勘違いされている事の一つに、ユーザー車検は、継続検査の検査項目さえクリアすれば、法定点検整備はしなくてもいいと思われていることがあります。

平成7の道路運送車両法の改正で、法定点検整備を行っていなくても車検の継続検査を受けられるように変更となっていますが、これは、24か月法定点検整備が不要になったという変更ではありませんので、誤解の無いようにしてください。


24か月法定点検整備は、法律で必ず行わないといけない

平成7年以前は、業界的にも、行政的にも、車検を通すために24か月法定点検整備を行うというような感じで、車検(継続検査)と24か月法定点検整備は、セットとして取り扱われきました。

これが、平成7年の道路運送車両法の改正で、車検は自動車検査登録制度の保安適合基準の確認検査で、24か月法定点検整備は道路運送車両法で規定された車の使用者に課せられた義務の点検整備で、別々として取り扱うように変更となりました。

これにより、車検の継続検査の申請の際に、法定点検整備を実施していなくても、継続検査を受けらるようになりました。そして、継続検査の検査項目に合格すると新しい車検証と車検標章シールが発行されるようになりました。


24か月法定点検整備は、車の使用者に課せられた必須の点検整備

24か月法定点検整備を実施していなくても、継続検査を受けて、検査項目に合格すると車検は通ります。しかし、車検を通した後で、法律で規定されている車の使用者の義務として、24か月法定点検整備は実施をしなければなりません。

ユーザー車検は、24か月法定点検整備代が掛からないので安いのは、車の使用者自らが、24か月法定点検整備を行うからであって、24か月法定点検整備が無いからユーザー車検は、費用が安いということではありませんので、注意しましょう。





copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。