TopPage>ユーザー車検>ユーザー車検は、オーダー整備を上手に利用する

ユーザー車検は、オーダー整備を上手に利用する

車検費用を安く抑えることのできるが魅力のユーザー車検ですが、24か月法定点検整備は必ず実施をしなければなりません。

車の整備が好きな人なら、半日から1日もあれば、24か月法定点検整備を楽しみながら行うことも出来るでしょう。しかし、車の整備に慣れていない人の場合には、ユーザー車検を諦めないといけないのでしょうか?


車の整備に慣れていない人でも、ユーザー車検のやり方はある

24か月法定点検整備は、56項目の箇所について、点検整備を行う必要があります。

56項目の点検整備と聞くと、車に詳しくない人の場合には、絶対に無理と思うかもしれませんね。でも、そんな人でも、ユーザー車検のやり方はあります。

24か月法定点検整備を点検と整備に分けてみる

24か月法定点検整備をまずは、点検と整備に分けて考えてみましょう。

整備となると、知識だけでなく、専用工具やジャッキスタンドなども必要になりますし、技術も若干ですが必要になります。しかし、法定点検整備の点検の部分は、ある程度、車のことが分かる人には簡単に点検出来る項目もあります。


点検して不良個所や不明箇所のみオーダー整備を依頼する

自分で点検出来る箇所を点検し、不良だと思われる箇所や自分では点検出来ない箇所については、民間整備工場や、カーショップにその箇所だけのオーダー整備を依頼する方法もあります。

24か月法定点検整備全ての点検整備を依頼するよりは、不良箇所や不明箇所のみオーダー整備を依頼する方が点検整備代金は安くなると思います。

尚、オーダー整備の依頼箇所が多い場合には、24か月法定点検整備をパックで依頼した方が安い場合もありますので、時間があれば、自分で点検出来る範囲で点検をした後で、ユーザー車検にするか? 車検を業者に依頼するか?を判断することもできますよ。




が、多くの項目は、目視などに

copyright©2011~2020 車検費用を安くする方法 all rights reserved.

「車検費用を安くする方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。